検索キーワード
現在地
日本法規情報 クーリングオフ相談サポート > 
クーリングオフの専門家選択ガイド

クーリングオフの専門家選択ガイド

医者に外科医、内科医、脳外科医、皮膚科医とあるように、法律にも消費者問題の専門家とそうでない専門家がいます。また、消費者問題に詳しい弁護士や司法書士のうち、どの専門家があなたの現在の状況にとって適切かの選択も大切です。自分の相談内容に合った専門家を選びましょう。


司法書士

簡易裁判所での代理権により、裁判になっても法廷にたちます!
悪徳商法で裁判を起こす場合は、ほとんどが簡易裁判所での争いになります。簡易裁判所での解決で頼りになるのが司法書士です。140万円までの争いであれば弁護士とほぼ同じ活動ができます。業者と直接交渉もしてくれるので、非常に心強い味方となってくれます。

どんな場合に司法書士に依頼すればいいの?
 ・クーリングオフの内容証明を作成して欲しい場合
 ・クーリングオフ期間が過ぎてしまったが、今からでも解約できる手段を探して欲しい場合
 ・自分での交渉が無理だった場合
 ・クーリングオフできないと言われたが本当なのか確かめて欲しい場合
 ・クーリングオフ以外の解決方法を教えて欲しい場合

司法書士に依頼するメリット
 ・相手とのやり取りなど全て代行してくれるので嫌な思いをしないで済む。
 ・裁判を見据えた戦略的な示談交渉が望める。
 ・話し合いで解決できなかった場合、裁判で解決してくれる。

司法書士に依頼するデメリット
 ・140万円までの争いまでしか対応できない。
 ・簡易裁判所以外では法廷に立てない。
 ・代理としてお願いした場合、書類作成のみの依頼より費用が高くなる。


行政書士

消費者問題で着々と実績を積んでいます。低価格で悪徳商法解決をお助け!
テレビや漫画で一気にその活躍が一躍有名に!内容証明作成で悪徳商法被害者の救済にあたってくれます。法律に熟知した専門家の作成する内容証明は業者に対する威圧感が違います。被害者の正当な権利を実現するために日々活動中。

どんな場合に行政書士に依頼すればいいの?
 ・クーリングオフの内容証明を作成して欲しい場合
 ・クーリングオフ期間が過ぎたが、今からでも解約できる手段を探して欲しい場合
 ・自分での交渉が無理だった場合
 ・クーリングオフできないと言われたが本当なのか確かめて欲しい場合
 ・クーリングオフ以外の解決方法を教えて欲しい

行政書士に依頼するメリット
 ・比較的費用が安いので気軽に相談できる。
 ・自分で交渉するよりも業者との交渉がスムーズにいく。
 ・正確な法律的アドバイスを受けながら自分でできる。
 ・消費者問題専門の行政書士が多い。

行政書士に依頼するデメリット
 ・依頼者にかわって業者との交渉はできない。(事務連絡は可能)
 ・裁判になった場合のサポートができない。


クーリングオフの専門家探しはこちら

クーリングオフ相談サポートとは

日本法規情報 クーリングオフ相談サポートは、クーリングオフ問題について、無料相談できる相談窓口・事務所の検索や問題解決をお手伝いします。クーリングオフ問題、割賦販売法、キャッチセールスについての無料相談から御見積もりについて相談できる事務所を検索できます。

  1. 1.クーリングオフ相談に対応可能な相談窓口・事務所多数
  2. 2.クーリングオフ相談を解決!
  3. 3.無料で相談窓口を御案内いたします.

クーリングオフ専門家の選び方

クーリングオフについて

悪徳商法の対策について

その他専門家検索サイト